千葉県北部・茨城県南部の自動ドアメンテナンス・保守・点検

TAD 株式会社 東総オートドア

自動ドア 修理・メンテナンス 自動ドアの故障

東総オートドアへお問い合わせ
お問い合わせフォーム
HOME » 施工実績

施工実績

弊社では確かな技術とスピーディな対応・安心価格でお客様の様々なご要望にお応えして参ります。
こちらでは自動ドアにまつわる多様な工事・修理例をご紹介いたします。

例1 自動ドアユニット入れ替え工事

※設置から20年以上経過し老朽化した自動ドアエンジンユニットを新しいユニットへ交換致しました。
動作も滑らかで安全性の高い自動ドアへ生まれ変わりました。
扉やサッシ・ガラス等は既存使用しております。

例2 自動ドア新設工事(サッシ・自動ドアユニット・センサー設置)

※こちらはとある道の駅のレストラン入口(販売ブースとの境界)。
何もない開口部であったところに自動ドアを新設しました。
自動ドアを設置したことで空調効果やお客様の入店確認などができるようになり、利便性が向上しています。

例3 手動ドアから自動ドアへの改修工事

※こちらは手開き(フロアヒンジ)ドアから自動ドアへの改修工事をしました。
これからは重い扉を押し開ける必要もなく快適です。
工事に際し、自動ドア用スライド扉・自動ドアエンジンユニット・各種センサー・床面ハツリを伴う下レールの設置 及び電源引き込み工事を行いました。サッシ・FIXガラスは既存使用しています。

例4 錠・振れ止めの交換修繕

※こちらは腐食した錠や摩耗した振れ止めの交換です。錠が腐食すると最悪の場合施開錠不能となりかねない為、早期交換が望まれます。
また、振れ止めが摩耗するとキーキーと甲高い音を発し、最悪の場合破損し扉が開閉不良となることもあります。(扉の穴加工を要する場合あり)いずれも扉脱着を要する作業となります。
(一部の錠を除く)ので、弊社では同時交換をお勧めしております。

例5 下レール(ガイドレール)交換工事

※こちらは塩害や台風で変形・隆起してしまったガイドレールの交換です。ガイドレールが変形すると、ドアの開閉に大きな支障をきたします。
ガイドレールの交換には、墨出し~床面カッター・ハツリ~既存ガイドレール撤去~レベル出し~新たなガイドレール取付・溶接~左官~鍵受け取付~と多くの工程を要します。
ガイドレール交換と同時に、扉や錠・振れ止めの交換を行う場合もあります。

例6 自動ドアの消耗部品交換修繕

※こちらは銚子市の某現場です。塩害や多くの開閉により吊り部品や駆動ベルトなどの消耗部品が腐食・摩耗劣化しています。
まず扉を外し、劣化した部品を撤去します。その後、新たな部品を組み付け扉を吊りこみます。
この際扉の建付け・召し合せ調整を行います。消耗部品は使用頻度や設置環境にもよりますが、設置よりおおむね5年程度が交換の目安となります。




TEL: 0479-72-5551 FAX: 0479-72-5552
■住  所 〒289-2123 千葉県匝瑳市長谷3600
■営業時間 8:30~18:00(月~土曜日/緊急対応はご相談下さい)
■定 休 日 日曜日・祝日(緊急メンテナンス対応可能)